カラコンの選び方オススメカラコン

青いカラコン選びの基礎知識!瞳の印象を決める要素は何?

青いカラコン選びの基礎知識!瞳の印象を決める要素は何? カラコンの選び方

青いカラコン選びの基礎知識!瞳の印象を決める要素は何?

こんにちわ。カラコン通販キャンディーマジックです。青いカラコンはつけると印象を大きく変えてくれるので、アニメや漫画に登場するキャラクターのコスプレをするとき、ハーフ風メイクをしたいときなんかに重宝しますよね。

ガラッと雰囲気が変わるブルーカラコンだからこそ、なりたい印象に合ったレンズ選びの基礎知識を得ることが重要です。

そこで今回は、青いカラコンを選ぶ際に役立つ知識、安全にカラコンを使用するための注意点などをお伝えしていきます。

 

1. まずはチェック♪カラコン選びで知っておきたい基礎知識

カラコンのパッケージを見ると、「DIA」「BC」などの単語がでてきます。普段からコンタクトを使用していないと、「どういう意味?」と思うのではないでしょうか。

ここでは、まずカラコンを選ぶうえで必要な基礎知識を詳しくお伝えしていきます。

 

DIA(レンズ直径)

DIAとはコンタクトの直径のことで、カラコンの平均は14.2mmといわれています。

DIAが大きいカラコンはレンズの動きに安定感があるものの、その分覆われる範囲が広がり、角膜の酸素不足を起こしやすいといわれます。

カラコンにあまり慣れていない初心者の方は、目の負担も大きく感じられるため、平均値の14.2mmか、少し小さめの14.0mm以下のDIAをおすすめします。

▼DIA(レンズ直径)でカラコンを選ぶ場合はこちら

 

着色直径

着色直径とはカラコンの色がついた部分の直径のことです。同じブルーカラコンでも着色直径によって印象は大きく異なります。

ハーフのような自然な瞳に見せたい場合は、黒目のサイズに近い小さめのもの。ドールやアニメキャラクターのように印象的な瞳に見せたい場合は、大きめサイズを選ぶと良いでしょう。

▼着色直径でカラコンを選ぶ場合はこちら

 

BC(ベースカーブ)

BCとは、コンタクトレンズの丸み具合を表した数値のことです。BCが自分の目の丸みに合っていないと、つけ心地に違和感があったり、目が傷ついてしまったりする可能性があります。

自分の目の丸みは眼科の機械で測らないとわからないので、カラコンを購入する時は眼科で検査を受けることが大切です。

▼BC(ベースカーブ)でカラコンを選ぶ場合はこちら

 

含水率

含水率とは、コンタクトに含まれている水分の割合を示したもので、50%以上だと高含水、50%以下だと低含水というくくりに分けられます。

高含水レンズは柔らかいため、つけ心地が良いのですが、乾燥に弱いのも特徴。水分の多い高含水の方が乾きにくいような印象を受けますが、実は反対で時間の経過とともに失った水分の代わりに涙を吸ってしまい、瞳が乾燥してしまうのです。

低含水レンズは汚れがつきにくく、乾燥感が少ないという特徴がありますが、しっかりとした素材になる分つけ心地は高含水のほうが優れています。

高含水レンズ、低含水レンズ、それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分の目や使用時間などを眼科医に相談し、どちらのレンズが合っているのか確認してみましょう。

 

▼瞳快適、高含水クリアレンズ、レヴィアワンデープレミアお試し5枚入り

【高含水/5枚入り】ReVIA CLEAR 1day Premium レヴィア クリアレンズ ワンデー プレミア

 

▼瞳潤う、低含水クリアレンズ、レヴィアクリアワンデーお試し5枚入り

【低含水/5枚入り】ReVIA CLEAR 1day レヴィア クリアレンズ ワンデー

 

度あり・度なし

カラコンには度数の入ったものと、度数の入っていないものがあります。度なしなら、視力の良い人でもコスプレやおしゃれの一部としてカラコンを楽しめるのが嬉しいポイントです。

自分の眼に合う度数は眼科で検査と診察を受けないとわからないものです。また、年を取るとともに変わるものでもあるので、必ず定期検診を受けるようにしましょう。

▼度あり、度なしでカラコンを選ぶ場合はこちら

 

2. 青いカラコンのイメージを決める3つの要素

一口に「青いカラコン」と言っても、それぞれなりたい印象は異なるのではないでしょうか。イメージ通りの青カラコンを見つけるために、大切な3つの要素について解説していきます。

 

色味(発色)

カラコンで大きく印象を変えるのがレンズの色味です。同じ「青」でも色の濃淡が異なる水色とネイビー、はっきりした発色のものと透明感のある発色のものでもイメージが異なりますよね。

また同じような色味でも放射状のような柄やレース柄は比較的瞳になじみやすく、柄なしなどの一色でベタ塗りされているデザインは人形のような印象を与えます。

「青」のなかでもどういったイメージになりたいのかを考えると、カラコンを選びやすいです。

コスプレに使用するのであれば、「そのキャラクターの瞳はどんな色か」「人形のような二次元感か、人間味のある三次元感か」などなりたいキャラクターをイメージしてみましょう。

 

着色直径

なりたいキャラクターや雰囲気が、キリッとしたクールな印象、大人っぽい印象であれば小さい着色直径。可愛らしい優しげな印象、子どもっぽい印象であれば大きい着色直径の青カラコンを選ぶとイメージに近づけるでしょう。

同じサイズでもその人の目のサイズによって大きく見えたり、小さく見えたりするため、実際にさまざまな着色直径のカラコンをつけてみるのもおすすめです。

 

フチあり・フチなし

カラコンのフチとは、着色されたデザインの一番外側にあるラインのことです。

フチがあると瞳の輪郭がくっきりとするため目元の印象が強くなり、反対にフチがないものは、ふんわりと瞳に馴染みやすくハーフのような印象を与えます。

同じフチありでもフチに使用している色によって印象が変わるため、着用画像などを参考にすると、なりたいイメージに近づけやすいです。

 

3. 粗悪品・選び方・ケアに注意

カラコンが危険といわれる理由の多くは「酸素透過性」と「色落ち」です。

酸素透過性が低いものは角膜がうまく呼吸できず、視力障害や失明の危険性があり、こすると色落ちしてしまうようなものは、色素が直接目に触れるため傷をつけてしまいます。

日本で販売されているカラコンの大半は高度管理医療機器に指定されているため、医療機器承認番号を取得しています。高度管理医療機器はとても厳しい日本の安全基準をクリアして販売されていますが、海外から輸入されたものの中には、基準をクリアしていない粗悪品があるのも事実です。

危険なカラコンを使用しないように「高度管理医療機器」に指定されている医療機器承認番号があるコンタクトレンズを選びましょう。

また間違った使い方やケアをしていると、眼の中でカラコンが破れて色素が目に触れてしまうなどのトラブルも起こります。使用方法をよく確認し、清潔に正しく使いましょう。

そして、「高度管理医療機器」に指定されているコンタクトレンズを販売するためには厚生労働大臣が定める販売許可が必要となります。もちろん、カラコン通販キャンディーマジック公式サイトは、高度管理医療機器販売許可<許可番号第17N00222>を取得している厚生労働大臣認可のコンタクトレンズ販売店です。

 

4. 大人気!おすすめのブルー(青)カラコン

キャンディーマジックおすすめブルーカラコン。

#CHOUCHOU /Baby Blue-チュチュベイビーブルー。

ナチュラルに瞳に溶け込む透明感ブルーが特徴。コスプレにも使える高発色カラコンは大人気アイテムです!

#CHOUCHOU 1day ワンデー 《Baby Blue》ベイビーブルー

#CHOUCHOU 1day ワンデー 《Baby Blue》ベイビーブルー

#CHOUCHOU 1month 1ヶ月 《Baby Blue》ベイビーブルー

#CHOUCHOU 1month 《Baby Blue》ベイビーブルー

5. まとめ

目元を華やかにする青カラコン。カラコンの基礎的な知識や選び方を知っておくと、なりたい印象に近づけます。キャラクターやなりたい雰囲気をイメージしながら、色味、着色直径、フチなどのデザインを選んでいきましょう。

また安全にカラコンを使用するためには、日本の基準値をクリアしたものを選ぶこと、正しい使い方をすることが重要です。

大切な目を守りながら、青いカラコンでなりたいイメージを目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました