2ウィークカラコン

2weekカラコンのメリットとデメリット

2ウィークカラコン

2weekカラコンのメリットとデメリット

こんにちわ。カラコン通販のキャンディーマジックです。カラーやデザイン、黒目の大きさなど、カラコンを選ぶ基準にはいろいろありますよね。

カラコンの使用期限である「ワンデータイプ」、「2weekタイプ」、「ワンマンスタイプ」のどれにするかということも、重要なポイントではないでしょうか。

そこで今回は、2weekタイプのメリットとデメリットについてまとめました。

2weekタイプのカラコンの特徴を理解することで、自分に合ったカラコンを選びやすくなります。記事の最後ではおすすめの2weekカラコンもご紹介しますので、これからカラコンを購入しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.2weekタイプのメリット

2weekタイプには、ワンデータイプや1ヶ月タイプにはないメリットがたくさんあります。まずは、2weekタイプならではのメリットについてみていきましょう。

 

コスパが良い

毎日カラコンを使うのであれば、2weekタイプが最もコスパが良いといえます。

もちろん値段はメーカーによって異なりますが、目安としてワンデータイプは30枚で2,000~3,500円ほど、2weekタイプは6枚入りが2,000円前後、1ヶ月タイプは1~2枚入りで1,500~2,500円程度です。

両目で使用し1ヶ月分で換算すると、ワンデーなら4,000~7,000円ほど(60枚必要なため)、マンスリーなら1,500~2,500円(2枚入りだと仮定)程度であるのに対し、2weekタイプは約1,400円(4枚使用と仮定)で使用できます。

 

1ヶ月タイプより衛生的

目の病気を回避するためには、カラコンを衛生的に保つことが何よりも重要です。

2weekタイプは、毎日新しいレンズと交換するワンデータイプには劣るものの、1ヶ月タイプと比較して汚れによる目の病気のリスクを低減できます。

カラコンは使用方法によってはダメージを受ける可能性があります。カラコンの傷やダメージに起因する目のトラブルのリスクを低減するという意味でも、1ヶ月タイプより2週間早く交換する2weekタイプのほうが安心だといえるでしょう。
※もちろん、1ヶ月タイプのカラコンも使用方法を守れば、安心して利用できます。

 

ワンデータイプと違い再利用可能

使い捨てを前提としているワンデータイプは、たとえ装用時間が短かったとしても一度外すと再度使うことはできません。例えば、目にゴミが入ってカラコンを外した場合にも新しいカラコンを使う必要があります。

しかし、2weekタイプであれば一度外しても再利用することができます。カラコンを無駄にせずに済むのは、大きなメリットだといえるのではないでしょうか。

 

2.2weekタイプのデメリット

先ほどは、2weekタイプのメリットについてご紹介しましたが、やはりデメリットもあります。2weekタイプを選ぶのであれば、デメリットについてもきちんと把握しておきましょう。

 

種類が少なめ

2weekタイプは、ワンデータイプやワンマンスタイプと比べると種類が少なめであり、いろいろなテイストのカラコンを楽しむことは難しいです。

気に入ったカラコンを使い続けたいタイプの人にとっては問題ありませんが、様々なカラーやデザインのカラコンを試したいという人にとってはやや物足りないかもしれません。

 

毎日のケアが必要

ワンデータイプであればケアは必要ありませんが、2weekタイプは洗浄保存液やレンズケースを用意して毎日ケアする必要があります。

もしケアを怠ったり不十分だったりすると目の病気につながる恐れがあるため、念入りにケアする必要があります。このことを負担に感じる人も少なくありません。

 

紛失した時に困る

ワンデータイプであれば、たとえ紛失してしまっても1日分の損で済みます。しかし、2weekタイプのカラコンをなくすと14日分の損になってしまいます。

そして、損をしないためにも、しっかりと管理をする必要があります。

3.2weekタイプがおすすめの人

2weekタイプのメリットとデメリットをご紹介してきましたが、やはり自分にどのタイプのカラコンが合うかどうかが気になりますよね。

ここからは、2weekタイプがどのような人に合うのかについてまとめていきました。

コストを抑えたい人

毎日カラコンを使う場合には、やはりそれなりにコストがかかってしまいます。

できるだけ出費を抑えたいという人には、コスパの良い2weekタイプがぴったりだといえます。

 

1日の中で何度か付け外す可能性がある人

作業中や勉強中にメガネに切り替える人や水泳をしている人は、1日の中で一時的にカラコンを外すことがあると思います。

その場合は、使い捨てのワンデータイプよりも再利用できる2weekタイプがおすすめです。

 

毎日のケアが苦にならない人

安全に2weekタイプを使用するためには、日々の丁寧なケアは欠かせません。

毎日カラコンをケアすることが苦にならないことは、無理なく2weekタイプを使うための重要な条件だといえるのではないでしょうか。

 

4.おすすめの2weekカラコン

2weekタイプのカラコンの中でおすすめしたいのが、「Victoria 2week by candymagic」です。Victoria 2week by candymagicの詳細は以下の通りです。

 

Victoria 2week by candymagic
Victoria 2week by candymagic
Victoria 2week(ヴィクトリア ツーウィーク)を購入する(カラコン通販キャンディーマジック公式サイトへ)

  • PWR(度数) ±0.00~-8.00
  • DIA 14.2㎜
  • 着色直径 13.4㎜
  • BC 8.8㎜
  • 含水率 38%
  • カラー マロン、セピア、ブラウン、モカ

マロンはブラック、ブラウン、オリーブの3色が絶妙に混ざり合った今までない大人カラーで、瞳に透明感をプラスしてくれます。セピアは細めのぼかしフチで瞳に自然に馴染むため、ナチュラルな可愛さを目指す人におすすめです。

ブラウンは繊細なぼかしフチと放射線デザインが裸眼風の瞳を演出してくれるため、学校やオフィスで付けるにもぴったりです。モカはブラックフチと薄めのベージュブラウンが調和したデザインで、しっかり盛ることができます。

カラーやデザインが違うと、瞳の印象は大きく異なります。なりたいイメージに合わせて、自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

5.まとめ

2weekタイプのカラコンにはいくつかデメリットがあるものの、コスパが良い、衛生的、再利用可能などのメリットもあります。そのため、コスパ重視の人や付け外しすることがある人、しっかりケアできる人には向いているといえるでしょう。

ワンデータイプ、2weekタイプ、1ヶ月タイプにはそれぞれ違った特徴があるため、どれが一番優れているとは一概にはいえません。それぞれのメリット・デメリットをよく比較したうえで、自分に合ったタイプのものをチョイスしてください。

タイトルとURLをコピーしました