キャンディーマジック公式サイトはコチラから▶

ReVIA新色半額 公式店限定

Purity 自然派サークルレンズ

Purity 1day

 ReVIA1day

ReVIA Blue Light Barrier 1DAY

Victoria 1day

カラコンの選び方ナチュラルカラコン

派手系カラコンを選ぶポイントと自然に見せるコツ

カラコンの選び方

派手系カラコンを選ぶポイントと自然に見せるコツ

オフィスやデートではナチュラル系のカラコンを選ぶ人も、女友達と遊ぶ時くらいは派手系カラコンに挑戦してみたい!という人もいるのではないでしょうか?

派手系カラコンをつけるのはちょっと勇気がいりますが、つけてみるときっと今までとは違う自分に出会えるはずです。

今回は、初めての人でも選びやすい派手系カラコンのポイントや、自然に馴染んでくれる派手系カラコンの選び方をご紹介します。

 

1.派手系カラコンがおすすめな人

「カラコンを使ってとにかく盛りたい!」という人に人気な派手系カラコン。まずは、派手系カラコンがおすすめな人を見ていきましょう。

ギャルメイクをする人

メイクが派手なのにナチュラルなカラコンをつけてしまうと、アンバランスさが目立ちチグハグな印象になってしまうかもしれません。派手なメイクが好きな人は、メイクに合わせてカラコンも派手系を選ぶと相乗効果でガッツリ盛れるのでおすすめです。

派手系カラコンは発色の良いアイテムが多いので、ギャルはもちろん、派手髪の人とも相性バツグン。ギャル系メイクに負けない目力を与えてくれる強い味方になってくれるはずです。

まつエクをしてる人

まつエクをしてまつげにボリュームがある人は、その分カラコンも派手にしてみると顔全体のバランスが良くなります。まつエクだけでなく、ボリュームのあるつけまつげがお好みの人もカラコンは派手系を選ぶと◎。

「まつげをボリューミーに仕上げたらカラコンもワンランク派手にしてみる」を頭の隅に置いておくと、今っぽい盛れ顔を目指せるでしょう。

ハーフ顔を目指している人

ハーフ顔を作るのにカラコンは大変便利なアイテムです。外国人のような色素の薄い瞳に憧れを抱く人は、ぜひ派手系カラコンに挑戦してみてください。

おすすめのカラーはグレー系やベージュ系。単色ではなく、柄が入ったものだと奥行きやツヤ感が出るのでより華やかに仕上がります。

派手系カラコンをつけると宇宙人のような目にならないか不安、という人も多いと思いますが、きちんと自分の黒目に合ったサイズを選べば心配いりません。

2. 派手系カラコンを選ぶときのポイント

派手系カラコンと一口に言っても、サイズやデザインは様々です。イメージ通りの自分になるために、派手系カラコンを選ぶときの3つのポイントを確認しておきましょう。

着色直径が大きくなるほどしっかり盛れる

着色直径とは、カラコンの色が付いている部分の直径のことです。着色直径が大きいほど黒目は大きく、着色直径が小さければ黒目は小さく見えます。

派手系カラコンに挑戦してみたい初心者の人は、13.6㎜~13.8㎜がおすすめです。裸眼より一回り大きくなるため、程よくクリッとした丸みが出て違和感なくサイズアップできます。

「とにかく盛りたい!」「もっと目を大きく見せたい!」という人は13.9㎜以上が良いでしょう。違和感がありすぎない程度に様子を見ながら着色直径のサイズアップを心がけてくださいね。

色のコントラストが強いとインパクト大

カラコンのベースカラーとフチ周りのコントラストが強い程、目力アップが期待できます。シンプルなデザインでもコントラストがあることで、メリハリが加わりデカ目効果や華やかさが生まれてくるんです。

色素が薄くても黒目の存在感をバッチリ引き立てることができますし、今より垢抜けて見えるでしょう。

目ヂカラアップにはフチありを

カラコンにはフチありとフチなしがありますが、目力をアップさせるには「フチあり」のカラコンがおすすめです。フチでしっかり黒目を囲むと、目元が強調されてより華やかな印象に仕上がります。

中でも「太フチ」のカラコンは、人形のようなくりんとした可愛らしい瞳を作ってくれます。

3. 派手系カラコンを不自然に見せないためのコツ

派手系カラコンを使って自然に盛るためには「瞳の黄金比率に近付けること」「グラデーションカラーのレンズを選ぶ」といったコツがあります。

「瞳の黄金比率」とは、黒目と白目の割合のことです。黄金比率は「白目:黒目:白目」の割合が「1:2:1」で、この比率に近いほど魅力的な目に見えるといわれています。着色直径は黄金比率をもとに、あまりかけ離れすぎないようにしましょう。

他にも「グラデーションカラーのレンズを選ぶ」というのもナチュラルな見た目になるためのポイントです。

ブラックやブラウンは目に馴染みの良いカラーですが、単色だと色が濃すぎて逆に黒目が浮いて見えることがあります。グラデーションカラーのレンズは、瞳に自然な立体感やツヤ感を出してくれるので、目に良く馴染んでくれます。

「派手系カラコンを付けるとどうしても不自然に見える」という人は、黄金比率を参考に着色直径を決め、グラデーションカラーのレンズを選んでみましょう。

4.おすすめの派手系カラコン3選

おすすめの派手系カラコンをピックアップ!

いつも華やかに仕上げたい方への普段使いにおすすめデカ目ハーフカラコン
candymagic 1day ゴシップブラウン

candymagic 1day ゴシップブラウン
candymagic 1day ゴシップブラウンを購入する(カラコン通販キャンディーマジック公式サイトへ)

LENS SPEC
    • 装用期間 ワンデー
    • PWR(度数)
      ±0.00、-0.75~-5.00(0.25単位)、
      -5.50~-10.00(0.50単位)
    • DIA(レンズ直径) 14.5㎜
    • 着色直径 13.9㎜
    • BC(ベースカーブ) 8.6㎜
    • 含水率 55%
ワンランク上のおすすめ&大人気ハーフ系カラコン
secret candymagic 1day グレージュ

secret candymagic 1day グレージュ
secret candymagic 1day グレージュを購入する(カラコン通販キャンディーマジック公式サイトへ)

LENS SPEC
    • 装用期間 ワンデー
    • PWR(度数)
      ±0.00、-0.75~-5.00(0.25単位)、
      -5.50~-8.00(0.50単位)
    • DIA(レンズ直径) 14.5㎜
    • 着色直径 13.6㎜
    • BC(ベースカーブ) 8.8㎜
    • 含水率 38.6%
ちゅるっと色素薄い系アイを叶えるヘーゼルカラー
CHOUCHOU 1day フローズンヘーゼル

CHOUCHOU 1day フローズンヘーゼル
CHOUCHOU 1day フローズンヘーゼルを購入する(カラコン通販キャンディーマジック公式サイトへ)

LENS SPEC
    • 装用期間 ワンデー
    • PWR(度数)
      ±0.00、-0.75~-5.00(0.25単位)、
      -5.50~-8.00(0.50単位)
    • DIA(レンズ直径) 14.5㎜
    • 着色直径 13.6㎜
    • BC(ベースカーブ) 8.8㎜
    • 含水率 38.6%

 

5.まとめ

メイクやなりたい顔に合わせて上手にカラコンを使うと、今までの自分とは一味違う姿を楽しむことができます。

瞳の黄金比率とカラーの選び方に気を付けさえすれば、派手系カラコンは印象を一気に華やかにしてくれるとても心強いアイテムです。

普段はナチュラルカラコン派な人も、これを機に派手系カラコンを使って思いきり変身を楽しんでみてはいかがでしょうか?

最新売れ筋ランキング

【こちらの記事もおすすめ】

カラコンで目が充血してしまった際の対処法と原因、充血させない方法!
パーソナルカラー別☆カラコンの似合う色と色以外のチェック項目
盛れるだけじゃない!カラコンの5つの視覚的効果
カラコンで憧れの猫目を叶えよう!選び方やおすすめの商品を紹介!
カラコンしたまま寝るのは危険!理由・危険性・トラブルの防ぎ方
タイトルとURLをコピーしました