キャンディーマジック公式サイトはコチラから

ReVIA CLEAR

 ReVIA1day

ReVIA 1MONTH(レヴィア マンスリー) うるん、ちゅるん ほろ甘ナチュラル|カラコン

LINE連携

candymagic 1day

Luna Natural 1day ブルーライトカットレンズ

Purity 1day

secret candymagic 1day

candymagic 1month

カラコンの選び方

カラコンのDIAとは?サイズの目安と選び方

カラコンの選び方

カラコンの購入画面に現れる「DIA」って何?と悩んだことはありませんか?

DIAはカラコンのレンズ直径のことです。眼科の処方箋にはないものですが、目の健康や見た目の印象にも影響する、けっこう重要なものなんです。

今回はカラコンのDIAについて、詳しい内容や自分に合ったDIAの選び方をご紹介していきます。

1.カラコンのDIAとは?

カラコンを購入する際に必ず表記されているDIA。どのような数値で着色直径とは何が違うのでしょうか。

カラコンのレンズ直径(DIA)とは

カラコンの「DIA(ダイア)」は、カーブした状態のレンズの直径のこと。数値はmm単位で表されており、0.1mmきざみで13.0mm~15.0mmの幅広いサイズ展開があります。

DIAと着色直径の関係性

カラコンの色がついている部分の直径着色直径と呼びます。カラコンはレンズ本体より一回り小さい丸型になるように色がのせられているので、DIAは着色直径より大きくなります。

ベースになるDIYが大きいほど大きな黒目がデザインできるので、しっかり盛りたい場合はDIYも見て選ぶといいでしょう。一般的には14.2mm以上あると瞳がより大きく見えます。

2.自分の目に合わないDIAを選ぶとどうなる?

自分の目に合わないDIAのカラコンは、目のトラブルにつながる場合があるので慎重に選びましょう。

つけ心地が悪くなる

自分の目にフィットしないDIAのカラコンを付けていると、まばたきするごとにズレたり、ゴロゴロ感がでたりして着け心地が悪くなります。ひどい場合にはちょっとしたことでカラコンが外れてしまうことも。

また、不快感があるからと手で押さえたり、まばたきの回数が多くなったりすると、レンズとの摩擦で目を傷つける原因になります。

目が酸素不足になる

DIAが大きいと、レンズが瞳を覆う面積が増えて目が酸素不足になってしまいます。目が乾きやすくなり、ドライアイにもなりやすいでしょう。そんな状態でカラコンを付けていると、目に張り付いてレンズのフチで眼球を傷つけることもあります。

目が乾きやすい人はDIAが小さめのカラコンがおすすめです。

3.カラコンのDIAの選び方

カラコン初心者の人はどのように自分に合ったDIAを選んだらいいのでしょうか?選び方を解説します。

DIAのサイズの目安

カラコンのDIAは「自分の黒目より少しだけ大きめ」くらいがズレにくく、付け心地がいいようです。現在発売されている多くのカラコンは、約13.0mm~15.0 mmの間で0.1mm刻みとなっています。

日本人の黒目の大きさは平均11.0mm~12.5mmとされているので、DIAサイズは14.2mmくらいを目安にしましょう。

着色直径のデザインにもよりますが、DIA14.2mm前後のカラコンは自然な印象に、14.5mm以上のカラコンはしっかり瞳を盛った印象になります。

着色直径→DIAの順で選ぶ

カラコンは着色直径の大きさでイメージが変わります。まず初めに着色直径を決めて、その中でDIAが小さめのものを選ぶとスムーズ。

着色直径のサイズ目安は、裸眼の黒目と同じくらいの13mm前後か、それより少し大きいくらいだとナチュラルに可愛くしてくれます。14mm以上の着色直径はしっかり盛れるので、「カラコンバレしてもいいから、とにかく盛りたい」という人におすすめです。

DIAが大きいカラコンを選ぶなら工夫しよう

「とにかくしっかり盛りたい!」「派手髪に似合うドーリーな目になりたい!」という人はDIAが大きいカラコンになりがちです。そんな時は目の負担を減らせるように、レンズの酸素透過率の高さや酸欠防止アイテムで工夫しましょう。

酸素透過率コンタクトレンズが瞳に酸素を届ける量の割合のことで、スペックの欄に「DK/L値」として記載されています。カラコンのDK/L値は10~138程度までと商品ごとに大きな差があります。DIAが大きなカラコンを選ぶならDK/L値が24.1以上あるタイプを選びましょう。

また、酸素は涙にのって瞳に届きます。装着液や人工涙液などコンタクトレンズ専用の目薬を使って目の潤いを保つことも大切です。

4.まとめ

DIA(ダイア)はカラコンのレンズ直径のことです。瞳に合わないDIAのカラコンを着けているとズレや目のトラブルの原因になります。また、見た目の印象にも影響します。ナチュラルな感じがいい人は14.2mm前後、しっかり盛りたい人は14.5mm以上のDIAが目安です。

自分に合ったDIAのカラコンを選ぶには、まずは着色直径を決めてからなるべくDIAが小さいものを選びましょう。

DIAが大きいカラコンは、瞳を覆ってしまうため酸素不足になりやすく様々なトラブルの原因にもなります。DIAが大きいカラコンを選ぶときは目の負担を減らすために、酸素透過率の高さにこだわりましょう。装着液や目薬で潤いを保つことも重要です。

タイトルとURLをコピーしました