キャンディーマジック公式サイトはコチラから

ReVIA CLEAR

 ReVIA1day

ReVIA 1MONTH(レヴィア マンスリー) うるん、ちゅるん ほろ甘ナチュラル|カラコン

LINE連携

candymagic 1day

Luna Natural 1day ブルーライトカットレンズ

Purity 1day

secret candymagic 1day

candymagic 1month

カラコンの選び方

カラコンはどこで買う?売ってる場所とそれぞれのメリット・デメリットを解説。

カラコンの選び方

「カラコンを売ってる場所ってどこ?」「買う場所によってどんな違いがあるの?」
そんな疑問を持っている人は、多いことでしょう。
カラコンは眼科のほかにも、ドラッグストアや雑貨店など、身近なところで販売されています。
また、近年ではネットを使った通販サイトを使う人も増加中です。
この記事では、カラコンを売ってる場所とそれぞれのメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

1.カラコンを売ってる場所

カラコンを売ってる場所として思い浮かぶのは、眼科やドラッグストア、そして雑貨店などの実店舗でしょう。それ以外の購入方法としては、ネット通販があります。

眼科

眼科は、コンタクトレンズを使用する前に検診を受ける場所です。
通常のコンタクトレンズだけではなく、カラコンを売っているところもあります。
カラコンの取り扱いがあるかどうかは、検診の際に尋ねてみるといいでしょう。

ドラッグストア

ドラッグストアは医薬品をはじめ、日用品や食料品などをまとめ買いできるお店です。
全国でチェーン展開するマツモトキヨシやツルハドラッグ、ココカラファイン、ウエルシア、サンドラッグなどがあり、店頭では通常のコンタクトレンズと一緒に陳列されています。

雑貨店

ドン・キホーテやロフトなどの雑貨店でも、カラコンの取り扱いはあります。
最近では、バラエティショップのヴィレッジヴァンガードや一部のアパレルショップでも販売されており、気軽にカラコンを購入できます。

ネット通販

近年、利用者が増えつつあるのがインターネット上にある通販サイトです。
楽天やAmazonなどの大型ショッピングサイトなどでは、人気のレンズからマニアックなものまで、実に膨大な数のカラコンが販売されています。
またカラコンブランドによっては、高いコスパが売りの直営サイトも運営されています。

2.眼科で買うメリット・デメリット

さまざまな場所でカラコンは販売されていますが、それぞれメリットとデメリットがあります。
まずは眼科での購入について、詳しく見ていきましょう。

○自分に合ったカラコンを買える

眼科で購入する最大のメリットは、自分に合ったカラコンを買えることです。
眼科では、目の丸みを示すBC(ベースカーブ)や度数などを正確に測定するため、瞳にフィットするカラコンを選べます。

また、目の異変など、気になる症状がある場合でも気軽に相談できるのも強みです。
トラブルを未然に防ぎ、安全にカラコンを使用できます。

×選択肢が少なく値段が高い

一方で、眼科は選択肢が少ない上に、値段も高いというのがネックです。

眼科では通常、視力を矯正する目的で作られる医療用のコンタクトレンズを処方しています。
そのため、カラコンの在庫はあまりそろえられていません。

さらに商品の値段は高めの傾向で、2,000~3,000円程度の診療代も必要です。

3.ドラッグストアで買うメリット・デメリット

次に、ドラッグストアでカラコンを購入する際のメリットとデメリットを見ていきましょう。

○日用品と一緒にまとめて買える

ドラッグストアは、数多くの日用品も大量に販売されているため、普段の買い物と一緒にカラコンを購入できるのがメリット。

全国にチェーン展開しており、地方のお店でも品ぞろえは都会とそう変わらない点も強みです。
カラコンも多くのブランドを取り扱っており、在庫があればすぐに現物が手に入ります。

×取り扱いのない店もある

全国各地にチェーン展開しており品ぞろえも豊富なドラッグストアですが、一方で取り扱いのないお店もあるのがデメリットです。

通常のコンタクトレンズがある店舗でも、カラコンは売っていないケースがあります。
また、在庫があっても薬剤師の不在時は買えないこともあるため、注意が必要です。

4.雑貨店で買うメリット・デメリット

雑貨店でカラコンを購入する際のメリットとデメリットは、以下の通りです。

○種類が豊富で現物がすぐ手に入る

雑貨店のメリットは、豊富な種類のカラコンが現物ですぐ手に入ることです。

店舗によっても異なりますが、大きなチェーン店では専用のコーナーを設けて、さまざまなブランドのカラコンを販売しています。

自宅の近所や通学路、通勤路に店舗があれば、お気に入りのカラコンを気軽に入手できるでしょう。

×在庫が無い可能性がある

雑貨店のデメリットは、欲しいカラコンの在庫が無い可能性があることです。

どんな大きな店舗でも売り場面積には限りがあるため、全てのブランドの製品ごとに、全ての度数をそろえるのは不可能です。

そのため、店舗にお目当てのカラコンの在庫がなく、せっかく時間を作っても無駄足に終わる恐れがあります。

5.ネット通販で買うメリット・デメリット

最後に、近年利用者が増えているネット通販のメリットとデメリットを紹介します。

○完璧な品ぞろえで在庫切れの心配もない

ネット通販の最大のメリットは、実店舗と比較して品ぞろえが良く、在庫切れの心配がないことです。

特に、カラコンブランドが直接運営する公式ショップであれば、全ての度数がまんべんなくそろっているため、お気に入りのレンズをいつでもどこでも簡単に購入できます。

送料無料やまとめ買いサービスなどを謳うショップもあるため、上手に利用すれば実店舗よりお得です。

×急いでいる時には向かないことも

あえてネット通販のデメリットを挙げるなら、急いでいる場合は不向きなところでしょう。
注文から品物を手にするまでにはタイムラグがあるため、すぐには使えません。

ただし、ネット通販サイトの中には、即日発送に対応しているところもあります。
例えば、ブランド直営の公式ショップ「candy magic」の場合、毎日14時までにサイト上で注文すれば、その日のうちに商品を発送してもらえるシステムです。

急にカラコンが必要になった時は、即日発送に対応した通販サイトの利用をおすすめします。

6.カラコン購入はキャンマジ公式ショップがおすすめ!

カラコン買うなら、ネット通販のcandy magic(キャンディマジック=キャンマジ)がおすすめ!

candy magicは、ブランド直営の公式ショップ本店です。
公式だから間に別の業者が入らず、脅きの価格でカラコンが買えちゃいます。

また、ワンデーのカラコンであれば、対象ブランド2箱の購入で「+1箱」もらえて超お得!
公式ショップで買えば、うれしい全員プレゼントもあります。

さらに上でも紹介した通り、14時までに注文いただければ即日発送!
お急ぎの方も、これで安心ですね。

7.まとめ

今回は、カラコンを売ってる場所とそれぞれのメリット・デメリットについて解説しました。
カラコンは眼科をはじめ、ドラッグストアや雑貨店などで販売されています。

購入場所として一番のおすすめは、在庫切れの心配がなく即日発送も可能な通販サイトです。
キャンマジ公式ショップなら、嬉しい特典もいっぱい!

着用写真も豊富でつけた時のイメージもつかみやすいので、ぜひ一度、チェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました