キャンディーマジック公式サイトはコチラから

ReVIA CLEAR

 ReVIA1day

ReVIA 1MONTH(レヴィア マンスリー) うるん、ちゅるん ほろ甘ナチュラル|カラコン

LINE連携

candymagic 1day

Luna Natural 1day ブルーライトカットレンズ

Purity 1day

secret candymagic 1day

candymagic 1month

カラコンの基礎知識

免許証の顔写真にカラコンはOK?現在の基準やNG例も紹介。

カラコンの基礎知識

「免許証の写真を撮る時は、カラコンを外さないといけないの?」
そんな疑問をお持ちではありませんか。
実は現在では、カラコンをつけたままで免許証の写真を撮影できるようになっています。
いつも通りの自分の姿で免許証が作れるのは、とてもうれしいですよね。
この記事では、2021年に緩和された運転免許証写真の新しい基準と、拒否される写真の例について詳しく解説します。

1.免許証の顔写真にカラコンはOK?

運転免許証の顔写真は、カラコンをつけたものを使用してもOKです。
2021年10月、警視庁はドライバーからの要望を受け、免許証の顔写真にカラーコンタクトレンズを着用しての撮影を容認しました。

これまでカラコンはもちろん、背景に少しでも何かが写り込んでいたり、微笑で写っていたりした写真については認めないなど、運転免許証写真の基準は厳格に運用されてきました。

これに対して、ドライバーからは「撮り直しに手間がかかる」「基準が厳しすぎ」などという声が挙がっていたため、警視庁は全国の警察に対して基準の見直しを通達したのです。

基準が緩和された結果、現在ではカラコンをつけた写真が免許証に使えるようになりました。

2.2021年に免許証写真の基準が緩和

では、2021年に緩和された基準の内容について、詳しく見ていきましょう。

カラコンの着用がOKに!

基準緩和の最も大きなポイントは、カラコンの着用が可能になったことです。
自分の目に近いカラーで顔に違和感が出ないレンズであれば、カラコンをつけての写真撮影ができるようになりました。

見た目が大きく変わってしまうことから、身分証明書としても使われる免許証の写真としてはふさわしくないと、今まではカラコンの着用が認められていませんでした。
これからは、容姿が大きく変化しないカラコンであれば、免許証は問題なく発行されます。

他にも、薄い色のサングラスやイヤホン、ヘアバンド、ピアスと言った装飾品も、新しい基準から超えないものであれば認められます

笑顔の写真も認められる

笑顔の写真についても、免許証で使えるようになりました。
現在では、口が閉じられ、目がしっかりと開かれていれば、口角が上がった笑顔での写真が認められています。

これまでは、笑顔で写ってしまったら撮り直しを求められていたため、ドライバーは全員、真面目な表情で撮影に臨んでいました。

しかし、そんな経緯で撮った免許証の写真が気に入らず、他人に見られるのを嫌がったり、身分証明書として提示するのを拒んだりする人も多くいたのです。

新しい基準なら、身分証明の提示を求められても普段通りの容姿で写った免許証を出せます。

背景のカラーも自由に

写真の背景色についても、変更できるようになりました。
景色や模様が写っているものは今後もNGですが、色については単色であれば特に制限はなく、現在ではオレンジやピンクなども使用できます。

今までの背景はブルー1色で、何も写っていない写真に限られていました。
そのため中には、お気に入りの服と合わず、写真写りが悪くなると感じていた人もいたのです。

実際に青とピンクで撮影した写真を比べてみると、同じ人でもイメージが全く異なって見えます。
背景色を変えたい人は、次に免許証の写真を撮る時にいろいろと試してみましょう。

写真は変更や持ち込みができる

免許証の写真は事前に撮影したものを持ち込めますが、さらに2019年からは、3年や5年の再交付以外のタイミングでも、自由に免許証の写真を変更できるようになりました。

持ち込み時には、規定のサイズで現像した写真のほか、現在保有している免許証と2,000~3,000円程度の再交付手数料が必要です。

ただし、新しく免許を取得する時は写真を持ち込めなかったり、再交付時でも受付可能な曜日や時間帯が異なったりするなど、エリアによって対応が変わります。
お住まいの都道府県のサイトで、事前に確認しておきましょう。

3.現在の運転免許証写真の基準(東京都の場合)

現在の運転免許証写真の基準を、東京都を例に紹介しましょう。

▼基本条件
・サイズ:縦3cm×横2.4cm(国際免許の申請時は縦4.5cm×横3.5cm)
・顔が正面を向き、胸から上を写したもの
・帽子やスカーフなどをかぶっていないもの(宗教上・医療上の理由がある場合は除く)
・無背景で、顔の輪郭や着ている服と同化していないもの
・申請前6ヶ月以内に撮影したもの
・個人が容易に識別できること
・汚れなどがなく、免許証を適正に作れる写真であること

4.拒否される写真の例

▼基準が大きく緩和された免許証の写真ですが、次のような写真は持ち込んでも使用を断られますので注意しましょう。

▼撮影面でのNG例
・写っている顔が近すぎたり遠すぎたりするもの
・正面をまっすぐ見ていないもの
・背景に景色や模様が写っているもの
・大笑いして口が大きく開いているもの
・服などで顔の輪郭が隠れているもの
・髪で目が隠れているもの
・顔の輪郭や服が、背景と同化しているもの

▼装飾品面でのNG例
・眼鏡が光っていたり、フレームが目にかかっていたりするもの
・普段つけているカツラやウィッグをつけているもの(医療上の理由がある場合はOK)
・帽子やスカーフをつけているもの(宗教上・医療上の理由がある場合はOK)
▼印刷面でのNG例
・サイズが規定と異なるもの
・頭上に3mm程度の余白がないもの
・写真用紙で印刷されておらず、インクがすぐ取れてしまうもの
・印刷が薄いもの
・写真が加工されているもの

5.免許写真をキレイに撮影するコツ

最後に、免許証の写真をキレイに撮影するコツを紹介します。

まず撮影は、化粧くずれや顔のむくみのない午前中に済ませてしまいましょう。
着る服は、顔色がよく見える明るい色がおすすめです。

カラコンを付ける際は、ブラウンやブラックといったナチュラル系レンズがベター。
普段しない派手な発色のレンズを装着すると、再撮影を求められる可能性があります。

また、髪が顔の輪郭を隠してしまうと重たいイメージの写真になりますので、耳を見せるように髪型を整え、顎を少し引いて撮影しましょう。

6.まとめ

今回は、2021年に緩和された運転免許証写真の新しい基準と、拒否される写真の例について解説しました。

新しい基準では、カラコンを付けた写真でも免許証に使うことができます。
免許証が交付された後でも、手数料を払えば新しく撮影した写真に変更可能ですので、住んでいる都道府県のサイトで確認しましょう。

カラコンをつけたお気に入りの写真で、免許証を自分らしく彩ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました